元人事たちによる就活情報サイト「就活のミカタ」

教育 就活

【教育業界内定者】見てわかるリアルな面接動画 入社してからやりたいこと編

面接のノウハウについて書かれている記事・動画はたくさんありますが、「実際の面接ってどんな感じなの?」と思っている就活生の方いませんか?多くの記事は正しい面接の方法については教えてくれますが、それは必ずしも実際に内定を手に入れた先輩方のリアルな姿ではありません。模範的な面接=内定をとれる面接とは必ずしも限らないのです。就活のミカタの一連の記事を読んでいただければ、型にはまった模範的な面接のノウハウではなく、面接本番で実際に役立つ面接のコツを習得することができます。なぜなら、これから見ていただく動画は実際に内定を得た先輩のリアルな面接の動画を収録したものだからです。中には早口になってしまったり、言葉に詰まってしまう場面もありますが、その先輩方も内定を手に入れています。”模範的な面接”ではなく”リアルに内定をとれた面接”を目で、耳で感じてください。また、先輩方の志望業界も様々ですので、業界研究にも役に立ちます。今回は、教育業界内定者の堀内さんの動画をご覧頂きたいと思います。他の方の共通点と違いを意識して御覧ください。今回は、入社してからやりたいこと編です。

■面接の動画

■面接の質問事項

入社してからやってみたいことを教えて下さい。
なぜNPOと連携をとろうと思ったのですか?

■良かった点

入社してからやりたいことが具体的に考えられており、そのための行動も実際に起こしていた。

■まとめ

いかがだったでしょうか?入社してからやりたいことは、答えるのが難しい質問の1つです。やはり、実際にその企業で働いてみなければイメージが持てない人がほとんどです。しかし、その中でも自分なりに会社でどんなことをしたいのかをしっかりと考えているかどうかを面接官の方は見ています。今回の堀内さんは、NPOとの連携という具体的なやりたいことをあげただけではなく、学生時代に実際にNPOの方と関わりがあり、将来やりたいことに対して実際に行動しているという点が評価できると思います。堀内さんの例を参考に、皆さんも将来自分がやりたいことを考えぬいて見て下さい。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト【秋冬採用ナビ】

無料会員登録はこちらから

秋冬採用ナビ2019ロゴ

SIMILAR POSTS関連記事

RANKINGアクセスランキング


facebookでいいね!をして
「就活のミカタ」の最新情報をチェックしよう。