元人事たちによる就活情報サイト「就活のミカタ」

エントリーシート 困難

人気通信会社から内定を獲得したエントリーシート【今までに遭遇した最大の困難と、それをどう乗り越えたか】

意外とよく聞かれる質問なんです。せっかく採用してもすぐやめられてしまっては困る!ので、困難に立ち向かう力がある人材を求めているようです。困難の尺度はひとそれぞれなので、あまり気にしなくても大丈夫です。自分なりにどう立ち向かったかを書きましょう。

■今までに遭遇した最大の困難と、それをどう乗り越えたか、全文

人生で最も苦労したことは、中学校3年生で東南アジアのインターナショナルスクールに入学した時です。海外の授業はその場で発言を求められる機会が多く、英語を理解はできても考えは伝えられなかった為、最初は言葉を発さずに首を振るしかありませんでした。
入学2週間後に全身に蕁麻疹がでて、通学を止められましたが、自分の意志で入学を決めたからには、絶対に英語を習得して友達をもっと作りたいと思い、病院から直接学校に向かいました。問題は、その場で発言に対応できないことだと考え、それを克服するために、先生に無理を承知でお願いし教えてもらいました。
そんな姿を見た同級生も私を助けてくれました。お礼の言葉がTHANK YOUしかわからなかったので、お礼と一緒に日本製の飴を配り気持ちを伝えるよう工夫しました。それをきっかけにCANDY GIRL と呼ばれるようになり、苦手を克服するための工夫で目標であった友達をつくることも達成できました。
私はこの経験から、困難にぶつかっても、自分で解決法を捜し周囲に協力してもらいその力を生かして、自分がまた頑張れば可能になる範囲を広げられることを学びました。(社会人になっても努力を惜しまず、自分にできる一歩を常に踏み出していきたいです。)

■解説

【第1段落】

人生で最も苦労したことは、中学校3年生で東南アジアのインターナショナルスクールに入学した時です。海外の授業はその場で発言を求められる機会が多く、英語を理解はできても考えは伝えられなかった為、最初は言葉を発さずに首を振るしかありませんでした。

・ ここでは「結論」にあたる、なにに対して苦労したのかを説明しています。
・ 状況が詳しく伝わるように書きましょう。

【第2段落】

入学2週間後に全身に蕁麻疹がでて、通学を止められましたが、自分の意志で入学を決めたからには、絶対に英語を習得して友達をもっと作りたいと思い、病院から直接学校に向かいました。問題は、その場で発言に対応できないことだと考え、それを克服するために、先生に無理を承知でお願いし教えてもらいました。

・ 第二段落は自分が何に対して問題意識を持ったのかを書いていきます。
・ 私は「あきらめない強い意志」を相手に伝えたかったので、そこを強調しました。

【第3段落】

そんな姿を見た同級生も私を助けてくれました。お礼の言葉がTHANK YOUしかわからなかったので、お礼と一緒に日本製の飴を配り気持ちを伝えるよう工夫しました。それをきっかけにCANDY GIRL と呼ばれるようになり、苦手を克服するための工夫で目標であった友達をつくることも達成できました。

・ この段落からは自分の努力によってどう変化したのかを書いていきます。
・ 自分なりに取り組んだ工夫をいれるとオリジナリティがでます。

【第4段落】

私はこの経験から、困難にぶつかっても、自分で解決法を捜し周囲に協力してもらいその力を生かして、自分がまた頑張れば可能になる範囲を広げられることを学びました。(社会人になっても努力を惜しまず、自分にできる一歩を常に踏み出していきたいです。)

・ 最後の段落はいつもどおりまとめです。
・ 学びと必要であればそれを今後どう活かしていくのかを書きましょう。

執筆者:会田ゆうこ

国立大学4年生。内定先は、インフラ系企業。4年半海外に住んでいた経験がある。大手人気企業、複数社から内定を獲得した自身の経験から執筆。

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト【秋冬採用ナビ】

無料会員登録はこちらから

秋冬採用ナビ2019ロゴ

SIMILAR POSTS関連記事

RANKINGアクセスランキング


facebookでいいね!をして
「就活のミカタ」の最新情報をチェックしよう。